ギャンブルに勝つ確率は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ギャンブルと言っても様々なものがあります。
カジノにあるようなスロットやルーレット、パチンコ、競馬、競艇、宝くじなど。

ギャンブルに勝つ確率は統計学からある程度導き出すことも可能です。

gyanburu.jpg

例えばルーレット。

ルーレットは黒と赤で賭けたり、数字を当てたりするゲームです。

奇数偶数や3分の1ごとの区分に分かれているものもあります。

一回のゲームで必ずどこかの数字に入ります。

1から36までの数字と0によって構成されているものでは、
37分の1の確率で数字をヒットさせることができます。

少ない試行では数にばらつきが生じますが
何万回と繰り返すことで均等な確率に収束していきます。

2分の1の確率で当たる賭けの場合、
ばらつきはあっても統計学上最終的には2分の1の勝率に収束します。

ただそれでは勝ちと負けが相殺して利益はありません。

そこに購入資金を増やしたり減らしたりして、
上手く大きく勝ち、小さく負けるようにするのが戦略というものです。

ギャンブルには先人たちが編み出した様々な購入方法があります。

モンテカルロ法、マーチンゲール法、逆マーチンゲール法など、さまざまなものがあります。

それらは統計学の考え方も取り入れられています。

ただしある程度の資金が必要なものもありますので、
利用する場合はリスク管理が非常に大切になります。

ローリスク、ハイリターンが期待できるといえば、FXも人気ですね。
おすすめFX会社を参考に、はじめてみるのもいいかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mancavesports.org/mt-tb.cgi/5

コメントする